当団について

​青山学院管弦楽団とは

青山学院管弦楽団は、青山学院大学文化連合会オーケストラ部、青山学院女子短期大学オーケストラ部が一緒になって活動している団体です。創立当初は15名弱であったという団員も、現在は青大・青短の学生だけでなく、他大生の団員も含め、130名を越える大所帯となっています。「真剣に楽しむ」ことを基本コンセプトとし、音楽に対する真剣さや、皆で音楽をつくっていく喜びのなかに楽しさを見出していくという理念に基づき活動しています。
 練習はOB・OGも交えて、通常週3回、青山学院大学・青山キャンパスで行われています。 各パートのトレーナーにNHK交響楽団の諸先生方をお迎えし、熱のこもったご指導を頂いております。  主な活動としては年2回の定期演奏会を中心に、12月のオール青山メサイア公演、学位授与式での演奏、青山祭への参加、各種依頼演奏があります。また、毎年6月には部内アンサンブル大会を開いており、フル編成のみならずアンサンブルを楽しむ機会もあります。最近は遠ざかってはいますが、海外演奏旅行やオーケストラ大会への参加も過去に行っています。